埼玉県認知症疾患医療センター指定病院

当院では埼玉県知事の指定を受け、平成24年9月1日に埼玉県認知症疾患医療センターを設置しました

認知症疾患医療センターでは、関係機関と連携を図りながら認知症疾患に対応するための専門医療相談をお受けするとともに必要な医療の提供を行います。また、地域における認知症への理解を進めるための研修や情報発信を行います。

具体的には、

ご相談は電話又は面接にて承ります。専用電話を設けておりますので、気になることがありましたら、まずは気軽にお電話ください。相談は無料です。
ご連絡お待ちしております。

相談案内:048-501-7191

 

 

認知症連携手帳「わたしの手帳」をご利用ください!

○「わたしの手帳」とは
 認知症の人やその家族が住みなれた地域で安心して暮らしていくためには、ご本人やご家族を支える関係者(かかりつけ医、専門医、歯科医師、薬剤師、看護職員、ケアマネージャー、介護職員、相談関係職員など)が連携を取り、必要な情報やご本人の希望を共有し、支援していくことが大切です。これは、切れ目なく支援を継続していくためにも不可欠なことです。そのため、医療と介護等の情報連携を行いやすくするための手段の一つとなるようにこの手帳を作成しました。ご本人の目線で、ご本人が持ちたい(または少なくとも持っても良いと思える)、持つ事で安心できる、自分が今どんな病気でどんな治療や支援を受けているかを把握して必要な時に支援者と情報を共有できる、そういった手帳を目指しています。

※「わたしの手帳」は、平成28年度埼玉県認知症医療介護等広域連携体制構築事業により作成しました。

 

○対象者
 認知症の方、またはその家族。認知症の程度は問いません。

 

○配布機関

  • 埼玉県認知症疾患医療センター済生会鴻巣病院
  • 県央保健医療圏域内の市町村担当課
  • 県央保健医療圏域内の地域包括支援センター
  • 県央保健医療圏域内の居宅介護支援事業所
  •  

    *このホームページからもダウンロード可能です*
    全部のページをダウンロードして使用する場合と、使いたい一部のページだけをダウンロードして使用する場合が考えられますが、どちらの場合でも、初めてご使用になる時は、下記の説明「ご使用にあたって」を必ず読んで理解した上で使用していただけるようにご協力をお願い致します。関係者や支援者の方がダウンロードしてご本人やご家族に提供される場合も同様です。

     

    ご使用にあたって

    1. P1~2『手帳の使い方について』、P3『同意書』をダウンロードし、記載事項をお読みください。
    2. P3『同意書』について、内容に同意される場合に署名をしてください。もし、ご本人が記載できない場合にはご家族に署名してもらってください。
    3. 『手帳の使い方について』および署名をした『同意書』のページは、他のページと一緒に携行するようにしてください。
    4. 「わたしの手帳」は、ご本人・ご家族が責任を持って保管してください。

    ○詳しい使い方、記入の仕方
     「わたしの手帳記載マニュアル」をご参照ください。

     

    【 ダウンロードはこちらから 】

      わたしの手帳 >>>>>>>>>
              わたしの手帳(単頁)
              わたしの手帳(見開き)

      わたしの手帳記載マニュアル >>
              わたしの手帳記載マニュアル(単頁)
              わたしの手帳記載マニュアル(見開き)