部門紹介_各科紹介

薬剤科

薬剤科の業務は調剤業務(注射薬の取り揃えも含めて)、医薬品情報管理(収集と加工と配信)、服薬に関する説明・指導などです。
また医薬品が的確に使用されるよう、細心の注意を払いながら購入管理・保管を行っています。
こういったことすべては、必要としている患者さんのもとへと正しい薬が、必要なときに確実に・正確に届けられるという流れの基礎をなしているものです。

調剤に関しては、院外処方箋を発行しておりますので入院患者さんのお薬の調剤がほとんどです。
オーダリングシステムによる処方・調剤を行なっています。間違いのリスクを軽減するよう、また患者さんの服用しやすさ等を考慮しながらお薬を作っています。

薬剤科

医薬品情報管理に関して正確さはもちろんのこと、「見てもらえる情報」を目指し様々な工夫をしています。

服薬に関する説明・指導は、わかりやすさという点に気を配って行っています。

また病棟での服薬教室や家族教室といった活動にも積極的に参加しており、なるべく患者さん及びご家族の声に耳を傾けるよう努めています。

放射線科

エックス線一般撮影

胸部、腹部エックス線撮影に代表され、骨系、軟部撮影等全般に渡り検査ができます。
画像は全てデジタル化され拡大、濃度変換等の処理がリアルタイムで可能です。
また全ての画像に対して遠隔読影を採用し、放射線専門医の読影結果レポートを得ることができます。

放射線科

造影検査

上部消化管(Upper GI)、注腸造影(Ba enema)、系静脈的腎盂造影(DIP)、等の造影検査が可能です。特殊検査は専門医と連携して行っています。

マルチスライスCT

一般的な軸射像(Axial Image)のほかに多種にわたる画像処理が可能です。
また検査時間が短縮でき多くの画像情報を得ることができます。代表的な画像処理を以下に列挙いたします。

  1. 脳血流解析(Perfusion)認知症外来においては絶対的に必須の検査であり、高い信頼 性は患者にとって大きなメリットとなります。
  2. 肺気腫解析(LAA)
  3. 内視鏡的解析(Verchal Endscopy)
  4. 内臓脂肪面積計測(Fat Pointer)
  5. 3次元解析(3D anrysis)
放射線科

*全ての画像はPACS (Pictsur Archaive and Cmunication System)を通じリアルタイムで各科、
 病棟に配信されます。
 他院に画像情報を提供するには、主にCD-Romで行っています。
*また各診断室には絵画などが配置され検査中の患者の精神の安定も図られています。

臨床検査科

「臨床検査科」とは、血液、尿や喀痰などから病原体や化学物質を測定したり、心電図や脳波、などで体の計測を行うことで、病気の診断や治療の指標を提供する科です。検査データが常に一定の精度を満たしているか監視しつつ検査データの「質」を重視し、日本医師会、埼玉県医師会等の外部精度管理サーベイに積極的に参加し、優秀な成績を収めています。

検査内容

生化学検査

自動分析装置(日立ラボスペクト003)で26項目の検査を行います。入院・外来、至急検査に対応し、入院・外来至急検査報告はwebにて対応しております。
特に至急検査は20~30分で測定し、結果報告を直ぐに治療に結びつけることができるよう、目標としております。

血液検査

自動血球計数装置(ベックマンコールター)1台にて末梢血液一般・血液像を検査しています。
血液像の異常コメントについては、血液標本を引き鏡検にて報告をしております。

一般検査

一般検査とは主に尿検査を中心に行っております。
尿沈渣は鏡検にて対応しております。

生理検査

主に、心電図と脳波検査を行っております。
脳波検査を受けられる方は、検査前日に洗髪し、髪油(ポマード類)をつけずに来院してください。
食事は通常通りで結構です。
自然睡眠脳波を記録するため、検査前日は寝不足のまま来院してください。

今後も患者さんに安全安心な検査をわかりやすく提供できますよう検査スタッフが力を合わせてまいります。分からないことが有りましたら、お気軽に声をかけてください。

栄養科

栄養科では、治療の一環として病状に応じた適切な食事の提供と衛生管理に配慮しながら心をこめて調理し、安全で喜ばれる食事を提供しています。

病院の食事について

病院食は、一般食と病態に合わせた特別食をご用意しております。
また、患者さんに喜ばれる食事を提供するため、次のような工夫をしております。

  1. 適時適温給食の実施(温冷配膳車使用)
     配膳時間 朝食7時半 昼食12時 夕食18時
  2. 選択メニューの実施
     ・常菜食を対象に、週3回2種類のメニューから選んでいただいています。
     ・朝食は希望により、御飯食かパン食のどちらか選択できます。
  3. 行事食の実施
     年中行事に合わせ、行事食にメッセージカードを添えて提供しています。
     ・お正月・節分・ひな祭り・子供の日・七夕・十五夜・クリスマス など
  4. チョイスカフェテリア
     5病棟の患者さん対象に、毎月第3水曜日、複数の中からお好きなものを選んでいただく
     チョイスカフェテリアを実施しています。

栄養指導について

食事療法を必要とする入院、外来患者さんを対象に、個別栄養指導を行っています。
月曜日~金曜日までの予約制となっております。

栄養科では食を通して、患者さんの健康回復に貢献できるよう、努めております。
食事や栄養に関する相談などありましたら、気軽に声をかけてください。

栄養科

 

作業療法係

入院治療は先ず休養が第一です。そして、症状が軽快してきたら作業能力の回復や生活能力の改善を、作業療法を通じ図っていきましょう。我々作業療法科スタッフがお手伝いします。

作業療法(occupational therapy)ってどんなことをするの?

病気の症状を安定させる・生活リズムをつける

負担にならない程度のとても簡単な作業や自分の好きな活動などを通して心のバランスを整えます。

対人関係、社会性の改善

治療者との信頼関係をもとに色々なグループでの活動などを行い、より良く交流していけるよう練習する場を作ります。

基本的な日常生活への援助

病気のために不規則になった生活を修正し、退院後に必要な生活技術の獲得を目指します。

社会生活への援助

時間を上手に使って自分らしく生活できるように趣味を広げ目標に向かってステップアップする方法を考えます。

作業療法科イメージ1
作業療法科イメージ2

作業療法士って?

作業療法士は、患者さんそれぞれのペースや状態に合わせて作業に取り組めるように手助けをするスタッフです。患者さんの退院後の生活も考えたうえで、身に着けておいたほうが良い生活技術の練習のお手伝いもしています。また、入院生活に楽しみを持っていただけるように他職種と連携し院内行事やレクリエーションなども行っています。

活動内容は?

手工芸、学習問題(漢字、計算など)、ぬり絵、映画・ビデオ鑑賞、カラオケ、スポーツ、体操、各種クラブ活動(調理・ソフトボール・コスメ・リラクゼーション・パソコン・音楽療法)などを作業療法室、病棟、グランドで行っています。

臨床心理係

臨床心理係では、患者さんの抱える心の問題に対して、臨床心理士が心理的なサポートをおこなっています。

表にあらわれる症状が同じように見えても、問題となっていることは個人個人で違うといったことは多々あります。そのため、適切な治療を進めるためには、患者さんの抱える問題をしっかりと見立てる必要があるのです。臨床心理科では、治療の方向性について考えていくにあたって一つの判断材料となるように、心理検査をおこなっています。心理検査には様々な種類があり、必要に応じて複数の検査を組み合わせておこなうこともあります。

臨床心理科

また、臨床心理係では心理面接(カウンセリング)もおこないます。ストレスで胃が痛くなったり、眠れなくなったりするように、症状には心理的な問題が関係していることもあります。そういった場合には、自分のことについて考え、心理的な問題と向き合っていくことが助けとなることがあります。心理面接では、よりよい生活ができるように、患者さんが自分自身のことについて考えていく際のサポートをしていきます。

これらに加えて、統合失調症のご家族を対象とした心理教育プログラムや、病棟のグループ活動などに参加し、他科と協力しながらプログラムの運営に携わっています。

地域連携係

地域連携係では、生活の様々な場面での困りごとについて、相談員が患者さんやご家族の立場に立って、共に考え、話し合って、問題を解決するお手伝いをさせていただきます。

相談の内容については秘密を厳守いたしますので、お気軽にご相談ください。

詳しくはこちらをご覧ください。

医療相談課